ことさら−古都プログラマーの更級日記

京都でお寺を回りながら御朱印集めをしていたエンジニアのブログ。おもに技術的なはなしとか日常的なはなし。たまにカメラの話や競馬の話も書きます。

日本ダービーの予想はこんな感じでした 僕が今まで遭遇したことない展開のレース回顧 

予想

ダービーは荒れない

東京芝2400というコースの性質的に実力のある馬が来やすいのだと思います。 過去の成績からも上位人気馬が勝っていますし、去年は1番人気〜3番人気で1着〜3着を占めています。

枠の有利不利はあまりない

まあ当然内枠の方が距離が短くなるので有利なのは間違いないのですが、土日のレースを見た結果結構外枠の差し馬が来ていたので、馬場の内側はある程度荒れていたのかもしれません。総合的に考えて枠の有利不利はないかと思いました。

展開はスローペース

今回は前に行きたがる馬がいないので、スローペースになると思いました。1000mを60秒前後の想定です。スローなので前残りを想定します。

本当は買いたくないがダービーなので買う

本当は何が来るか分からないので買いたくないのですが、折角のダービーなので単勝100円くらいは買おうかなと思いました。

個別気になる馬解説

ダンビュライト

皐月賞3着で、かつエンジンのかかり方が遅い気がしたので、直線が長くなる東京では更に伸びると感じた。前目から競馬ができるうえに1枠で武豊、これでオッズが14倍なのは美味しすぎるということで本命。ただ、連帯はするものの、他のペルシアンナイトやレイデオロ、アドミラブルと比べると決め手にイマイチ欠ける点だけが気になる。最後の直線伸びさえすれば十分ある。パドックでは落ち着いていましたが、返し馬のときにちょっと嫌がっていた?のが気になりましたが、ダービーだからか、みんなテンションは高めでしたね。

スワーヴリチャード

内枠の人気馬ということで気になるところではあるが、鞍上四位と馬体重-12が気になってしまったのと、オッズ6倍がそこまで美味しくないと思ったので買えず。

クリンチャー

前残りならあり得るが皐月賞で最後失速しているので(上がりのタイムが悪すぎる)流石に東京では買えない。実力が足りていない。

アルアイン

前目からいけるのと、そこまで外枠じゃないのが美味しい。ただ皐月賞の勝利で若干過剰人気な感じはする。ただ、皐月賞で、ペルシアンナイトに一回差されてから差し返したということは、直線の長い東京ではプラスなのではないか。対抗馬。パドックの様子とかも悪くなかった。

ペルシアンナイト

いい枠に入ったし、それなりに前目の競馬も出来ないことはないとは思うが、デムーロから乗り替わったのが厳しすぎるので今回は無し。しかも皐月賞ではデムーロがうまく内から差したのに差し返されて2着だった。

レイデオロ

後ろからでもチョット前目でも競馬ができるので優秀。アドミラブルよりも内に入っているし、G1を2連勝中のルメールなのも良し。決めてもあるので単勝を買うなら有りかもしれない。オッズも5倍付けば美味しい。ただパドックでは落ち着きがなくて不安だったので買えず。

ダイワキャグニー

前目の競馬ができて実力もあるので内枠だったら狙いたかったが、外枠なので流石にナシ。皐月賞組じゃないので実力的にもちょっと劣るかな。

アドミラブル

確かに素晴らしい馬で、追い込み馬なのでデムーロとの相性も良い。外枠だが追い込みならそこまで不利でも無さそうだが、オッズ3.4倍の価値はないかなと…。これ買うくらいならどう考えてもレイデオロの方が良い。青葉賞をぶっちぎり勝利しているが、青葉賞のレベルが低いのがなんとも…。青葉賞勝った馬が日本ダービで勝った記録は過去にない。

勝った馬券

結局勝った馬券は、単勝 1 ダンビュライト 100円。

スローになるのを信じるのであればダンビュライト、アルアインあたり。実力的にダンビュライトとアルアインはあまり変わらないと思った。しかし、より内枠に入ったダンビュライトが14.5倍というオッズで買えるのは美味しすぎるということでダンビュライト単勝100円。スローの前残りとなる前提。

結果

前に行く馬がいなさすぎた結果、スローになり過ぎました。1000m63秒のスローを僕は初めて見ました。こうなると、このままのペースで流れてしまうと後ろの馬は前に届かなくなってしまいます。ただ、ここまでスローの場合は後方の差し馬でも体力を温存しつつ前に出ることができるので、差し馬でもある程度前に出るという判断ができます。いわゆるロングスパートというものになります。この判断ができたルメールに最近の調子の良さが現れているなぁということと、この流れに対応できたレイデオロの素晴らしさだと思います。

アドミラブルはちょっと仕掛けるのがおそすぎたかな、ということで、実力は素晴らしかったのであとは仕掛け方、という気がしました。

僕が来ると思っていたダンビュライトやアルアインにとってはちょっとスローになりすぎる展開でした。もうちょっと前に出られれば良かったのですが、1枠のダンビュライトは控えて2列目くらいに陣取った結果前が詰まって厳しかったですね。また、思ったより馬場の内側が荒れていたのでしょう。1枠のダンビュライトでもちょっと外目を回した結果抜けるスペースはなかったのかもしれません。武豊騎手が前日京都で乗っていて馬場状態が把握できていなかったのがマイナスかも、という話もありました。

アルアインは7番とそこまで内の枠ではなかっただけに、前に出てレースをコントロールするということができなかったことが敗因でした。

総合的に見たら、馬の実力とジョッキーの実力が問われる感じのレースだったと思います。今回のレースの結果は馬とジョッキーの実力として参考になるレースだと思います。

オークスの予想はこんな感じでした

はじめに

G1くらいしか馬券は買わず、買ったとしても500円以下くらいしか買わないうたかたです。テレビの予想とか、他の競馬ブログなんかを見てると、馬連軸1頭流し5000円とか1万円とか買っていて、「そんなにお金を使いたくない!」って思っていまいます。500円くらいなら負けても見物料くらいの気持ちで気楽ですし、当たった時の嬉しさもそれなりにあります。そんな感じで、今回のオークスは400円分だけ馬券を買いましたので、その予想について書きます。

レースが終了した後に予想を公開してもほんと意味がないんですが、なんか自分の予想をレース前に公開してしまうのは損な気がしてしまいますよね。予想公開してお金をもらってるわけでもないですし。自分が後になって読み返して見る用と、予想の仕方が誰かの参考になれば、ってことで書き残しておきます。

展開と有利な馬について

まずは展開です、今回のオークスは天気が晴れでパンパンの良馬場になると思います。そこで、東京10日目であること、良馬場で天気が晴れであることを考えて、2012年から2016年の優駿牝馬オークスの結果を振り返ってみます。

netkeiba.com - 競馬データベース

見てみると、2015年を除いてはほぼハイペース気味であることがわかります。ハイペースになると差しが効きやすくなるので、差しや追い込み馬が有利になります。全体的に、差し追い込み馬が有利で、特に上がりが1位~3位の馬が馬券内のほとんど占めていることがわかります。東京の芝2400mオークスは、実力が高いためハイペースになりやすく、上がりタイムが早い、ということが重要になることがわかりました。

しかし一方で、今年のオークスを見てみますと、先行する馬がいません。おそらくヤマカツグレースあたりが前に行くのでしょうけれども、そのヤマカツグレースが外に入ってしまったので、ペースはゆったりになるでしょう。そうなると、直線に入った時に前の方につける馬が有利となります。内枠のほうが先行しやすいので有利となります。東京なのである程度直線は長めのため、上がりタイムも必要となってきます。

さらに詳しく馬場状態を考えてみます。土曜の東京レースを見てみますと、内をついた先行馬がかなり残る印象がありました。日曜の午前中の競馬とかもみてみますと、土曜よりは外の差し馬が来るなーという印象がありましたが、内もかなり粘るな、という印象がありました。

基本的に馬は距離の短い内側を走るため、馬場は内側から荒れていきます。そして内側の馬場が荒れてくると今度は外から来る差し馬が有利になるのですが、日曜の東京の馬場状態を見てみると、内側と外側であまり馬場状態の有利不利がないように感じました(つまり内側の馬場はそんなに荒れていない状態とかんがえられる)。となると、基本的には距離の短い内側を通るのが有利になります。

つまりここまでをざっくりまとめると狙い目はこうです

  • スローなので直線で前目につける馬
  • 上がりが早い馬
  • 内枠の馬

気になる馬

以上の情報をもとに、気になる馬を何頭か上げていきます。

モズカッチャン

内枠でいい位置をもらいました。同じようなスローの展開でかつ東京のレースであるフローラSを上がり33.9で勝っていますし十分馬券内は有りえると思います。後ろからの競馬になることがあるのでそこだけが心配です。ノーザンファーム社台ファームがめちゃくちゃ勝つオークスで、モズカッチャンはどちらでもなかったので、最終的に買うところまで決断できなかったのが悔しいです。

ソウルスターリング

桜花賞3着で実力もありますし、上がりタイムも早い、内枠ということ無しなので安定の軸馬。前が詰まることもあるかもしれないが、先週のヴィクトリアマイルでのルメールの騎乗を見ているとうまく乗ってくれる気がします。

フローレスマジック

モズカッチャンと同じで内枠かつフローラSで3着なので評価できる。こちらはモズカッチャンよりも前で競馬することになるとは思うのですが、上がりはモズカッチャンほどではないので、どちらを取るか。

ディアドラ

実は桜花賞で上がり最速を出しており、オークスの出走馬の中では、レーヌミノルリスグラシューに続く6着に位置しているので実力があるがあまり人気していないのでオッズがかなりオイシイとおもう。前走が5/7なので疲れが心配だったが、パドック解説で疲れが見えないと言っていたのでそれを信用してぜひ買いたい馬。若干後ろからの競馬になってしまうのでそれが心配だが、岩田ジョッキーに期待。

レーヌミノル

前目の競馬をすることになるのでスローの展開は歓迎なのだが、いかんせん外枠すぎるのと上がりタイムに不安があること、桜花賞の勝利で過剰に人気していることを考えて今回は切ります。

リスグラシュー

上がりタイムもヨイですし、それなりに前からの競馬をしてくれるので安心感がある。爆発力はないが、3番人気で実力の割にはオッズもオイシイし、馬券の圏内には入ってくれるだろうということで、最初は軸馬にしようと思っていたのですが、パドックでちょっとテンションが高かったので、結局安定感の高いソウルスターリングを軸にすることに。外枠なのも若干のマイナス。

ヤマカツグレース

スローの前残りなら、前に行くこいつも検討の余地があったが、前走のフローラSでドスローにもかかわらず差されていること、先行するには外枠すぎることを考えて流石になしかな、と。

アドマイヤミヤビ

6倍台くらいのオッズがついていた時はこいつの単勝を買おうとしていたが、最終的には5倍を切るオッズになってしまった。スローで差し馬不利な展開でこのオッズはオイシくないと思い切り。前走お桜花賞は重馬場が答えたという噂だが審議のほどは不明…。結局展開に合わないという理由で切る。

結局買った馬券

  • 単勝 2 200円
  • ワイド 7-2,14 各100円 計400円

NHKマイルカップにおいて、リエノテソールが拾えなかったのがかなり悔しく、今回はオッズがオイシイ馬券を確実に拾っていこうということで7ディアドラ軸のワイド。穴馬軸のワイドで相手が来なかったら一番いかんやつなので、ソウルが来なかったらリスグラシューが来るだろうということで 7-2,14 と流す。

単勝2は安定。200円か300円か迷ったが、まあリスクもあるので、最悪400円を回収できればいいや、ということで200円。

迷った馬券としては、馬連 2-1,3 あたり。ディアドラは2着は厳しいなぁということで、内枠有利を信じて1か3が来たらオッズもおいしいなぁと思っていたが、最近馬連にはいい思い出がないので買うまで踏み切れず。単勝が安定すぎて単勝でいいやって思ってしまった。

結果

予想通りソウルスターリングが1着だったのでプラスにはなって安心しました。ディアドラがクビ差の4着で、ディアドラ入っていればワイド2-7が13倍くらいですごく美味しかったので悔しいですが、そもそも4着に来られたのが凄いなぁと思っていて、最後の直線で内をついた岩田ジョッキーが素晴らしかったとしか言いようがありません。ミヤビがここまで来るのが予想外でした。直線でうまく走ってくれたこと、直線の長い東京であったこと、土曜よりは指しが決まりやすかった馬場であったことなどがあったとおもいます。まあでもミヤビが3着だとオッズもそんなになので、ディアドラ来なかったことよりも、モズカッチャンとの馬連を買えなかったことのほうが悔しかったですね。次につなげます。

展開を予想しつつ2017年ヴィクトリアマイルの僕の予想についてまとめてみる

netkeibaの「予想大会」が、無料でできて結構面白いので、最近は馬券を買わずにこっちをやって楽しんだりしています。

熱闘ケイバ!チャンピオンシップ - netkeiba.com

僕は友達から競馬を教えてもらった時、「展開を予想して買え」と言われたのですが、正直展開とはなんぞや、という状態でした。しかし、最近これが分かってきました。展開とは簡単にいうと「スローペースになるか、ハイペースになるか」ということです。

では何故スローかハイかが重要なのか。ハイペースになった場合、先行した馬はスローの時よりもスタミナを使ってしまっています。なので、後ろの方でスタミナを溜めていた馬が勝ちやすく、差し馬や追い込み馬が有利な展開となります。スローペースの場合はその逆で、先行した馬のスタミナが十分残っているので、前の馬が残りやすくなります。

つまり、ハイペースになる場合は後ろから差す馬、スローペースになる場合は前の方で競馬をする馬を中心に買うと良いということです。コレを踏まえて僕はヴィクトリアマイルを予想しました。

ではハイペースになるかスローペースになるかをどう判断するのは難しいです。おそらくコースの形状や馬場状態、出走している馬の脚質あたりで決まります。G1レースの場合、過去のレース結果が割と見やすく、普通は競馬場と距離が同一なので、まずは過去のレースを見てみます。

レース名[ヴィクトリアマイル]のレース検索結果|競馬データベース - netkeiba.com

が、正直見ても僕はよくわかりませんでした。ペースが早いかどうかは距離によるので、素人の感覚ではよくわかりません…。ということで、結局色んな人の予想記事とか予想動画とかを見て予想しました。様々な動画によりと、今回はこれといった逃げ馬がおらず、スローペースになるという予想をしている人が多かったです。となると、後ろから行く馬は不利ということになりますね。参考になったのは以下の動画です。


ヴィクトリアマイル2017の展開予想動画!

1600メートルと距離が短いので、基本的には前からの馬がバテづらく有利なようです。さらに、今回は雨の影響で馬場も重めだと考えられますし、馬場が重いと最後のスパートがききづらいので、さらに後ろからの馬は不利ということになります。これを踏まえた上で、前からの競馬をする馬を中心にし、今回の僕の予想はこのようになりました。

ちなみに、netkeibaの予想大会は、◎の単勝と、◎~△の馬連、三連複を買い、当たったらオッズに応じたポイントが入る仕組みです。

本命はジュールポレール。前からの競馬で上がりのタイムもよく、前走阪神牝馬でも重馬場の中3着。乗り替わりもなくオッズもオイシイということで軸馬です。

対抗スマートレイーアー。過去の競馬を見てみると、最近は前からの競馬で勝ち星を揚げています。実績もありますし、上がりもよい。鞍上も武豊騎手で、ペース配分はうまい騎手です。おそらく今回先行するのはこの馬でしょう。

クイーンズリング。過去にも2,3着あたりで前からの競馬をすることも合ったので、今回も前からいく可能性があると思い▲。鞍上もデムーロ騎手なので信頼できます。前走の15位は落鉄したとのことなので考慮外。ただ、調教師かだれかのコメントで、「阪神牝馬は前行き過ぎた」てきな事を言っていたので、今回必ずしも前から行くとは限らない点が不安要素。

レッツゴードンキ。基本的に後ろから来る馬なのですが、JBCレディスなど前からの競馬をして2着にはいるなどもありました。この時も8枠14番でした。さらに前走高松宮記念で重馬場の中2着に入った点は大いに評価できると感じました。

以上が僕の予想です。まあ結果的には外れてしまったのですが、ジュールポレールが3着に来てくれたのと、ミッキークイーンが来なかったことがせめてもの救いでした。以下、他に気になっていた馬などをあげていきます。

ソルヴェイグ: 先行馬ですしG1馬なので気になりましたが、鞍上の川田騎手が久々なので不安だったのと、上に上げた4頭と比べるとちょっと実力は落ちるかな、という気がしたので外しました。

アドマイヤリード: 重馬場が得意でオッズもおいしい馬なので気になっていましたが、後ろからの競馬をする馬なので外してしまいました。思ったより重馬場でも走ったな、という点と、やはりルメール騎手がうまかったんだろうなぁと思いました。

ミッキークイーン: 後ろからの馬ですが、前走重馬場えあそこまで勝ったことを考えると展開関係なく勝つ可能性はあると思いました。が、あまりにもオッズが不味すぎる…ので外しました。

デンコウアンジュなんてよめねぇ!なんで勝ったんだ。でも展開を予想することは大事だとわかりました。

LJLに言ってMatchのエナジードリンク的なやつを飲んできた話(マッチ セットポジション)

先日LJL 2017 Spring Split Final に行ってきたのですが、そこでマッチのセットポジションってやつが配られていて(カフェインが入っている、マッチのエナジードリンク版みたいなやつ)、前から飲んでみたかったので、飲んで感想を書こうかと思います。

まずそもそも僕がマッチをそんなに飲んだこと無かったので、マッチと飲み比べてみれば良かった…という反省があるのですが、そこはご了承いただいた上で読んでもらえると。

味は、普通にマッチだと思います(多分普通のマッチもエナジードリンクに近い味だった気がします)。特徴は、パッケージに「30秒後にクールな刺激!!」とあるように、飲んでしばらくした後に喉の奥でスッーとした感じがする点です。

ハッカあめとかを食べた時のあの感じです。ハッカほどスッーとはしないですが、飲んでからしばらくした後喉の奥にスーっとした感覚が来ます。何故か飲んですぐは来ません。かつ、「口の中」ではなく「喉の奥」のほうからスッーとしてきます。

カフェインが入っているので、エナジードリンク的な効果はあると思います。かつ、エナジードリンクほど甘ったるくはない気がしました(これもRed Bullとかと飲み比べてみたら良かった…)

マッチが好きな人、あるいは、スッーとする感覚を味わってみたい人は是非どうぞ。

今週のLoL/LJL気になった情報まとめ パッチ7.7, 新チャンピオン, Scarz

個人的に重要だったLoL/LJL情報をまとめます

パッチノート7.7

パッチノート 7.7 | League of Legends

僕の一番好きなチャンピオンであるラックスにバフが入りました。Ultで敵にトドメを刺すとクールダウンが最大で50%解消するというものですが、実際意外とUltでトドメを刺すのって難しかったりします。Q→E敷く→Ult→AA→E爆発→AA が基本コンボです。基本的にQが当たったのを見たらすぐUlt打たないと、Qの拘束時間が短いため避けられてしまいます。また、UltからのAAでパッシブ発動がトドメになることも多いので、意外とUltでトドメを刺すことは少ないのです。 まあ、確実にバフではあるのですが、微バフ、といった感じですね。

新チャンピオン ラカン/ザヤ

チャンピオン紹介:ザヤ&ラカン

新チャンピオン2体追加です。スペシャルリコールとかいう新たなリコールや、2体同時に活用した場合に追加メリットがあるなどの斬新なチャンプです。ラカンがサポート、ザヤがADCみたいですね。

Scarzの選手契約について

【LoL】選手契約のご報告 | SCARZ

LJLプロモーションシリーズでDetonatioN Rising敗北したScarzから、Kazu, Day1, Arford, DayDream, Mei の5人が脱退するそうです。Kazu, Day1, Arford, DayDream といった各となる選手が4人も抜ける一方で、Search選手は残留するそうで、LJL CSに出場するための選手募集の掲示も出ています。

関連して、Arford選手はプロを引退するとのことです。

また、DetonatioN Risingは LJLのチーム出場権を競りにかけています。 【LJL】チーム出場権の入札について | DetonatioN Gaming

MSI 2017情報

また、LJLで優勝したRampageが出場する MSI 2017 の情報も出ています。

jp.lolesports.com

MSI 2017 に関しては去年と比べるといろいろ変わっているようなので、それについてもまた時間があればまとめたいと思います。