ことさら−古都プログラマーの更級日記

京都でお寺を回りながら御朱印集めをしていたエンジニアのブログ。おもに技術的なはなしとか日常的なはなし。たまにカメラの話や競馬の話も書きます。

声優ハッカソンに参加してきました

声優ハッカソンに参加してきました

楽天で行われた声優ハッカソンに参加してきました。

rakutenwebservice.doorkeeper.jp

2日間のハッカソンなのですが、なんと、自分のアプリに必要なボイスを声優さんにその場でレコーディングしてもらえます。

僕達は、大学時代の同期と5人で出場し、「ブラインドバスターズ」というゲームを制作しました。 アプリの企画概要はこんな感じです。

声優ハッカソン20160227 チーム16(Blind Busters!!)中間発表スライド / レテ さん - ニコナレ

声優さんの声に従って、見えない敵を倒していくというゲームです。

声優のレコーディング現場に立ち会える

このハッカソンの肝は、声優さんにレコーディングしてもらえるという点です。 自分たちのアプリの企画と台本を持って行き、声優さんに声を当てていただく感動は、これまでに味わったことのないものでした。また、このように目の前で録音風景が見られるのもすごく良かったです。

僕達のアプリケーションは、菅沼千紗さんに声を当てて頂きました。 折角収録して頂いた声ですので、無駄にはできません。 調整をしてリリースまで行かないといけなと思っています。(使命感)

懇親会で声優さんとお話させて頂いた

最後に行われた懇親会では、僕らのゲームに声を当てていただいた菅沼さんに加え、新祐樹さん、弘松芹香さんとお話させて頂き、一緒に写真も取って頂きました。本当はお三方の声全てを入れたかったのですが、我々のアイデアではそこまで至らなかったのが残念でした。

また、稲川英里さん、濱健人さんともお話させていただきました。お忙しい中お付き合い頂き非常にありがとうございました。 非常に貴重な体験でした。

以下、反省点や感想です。

結果

結果として章は取れませんでした。いくつか良かった点、悪かった点があったと思ったのでまとめておきます。

良かった点

  • 5人での開発となり、人数も多めなため、チームとしてうまく回っていくかは非常に不安だったが、gitを使った開発効率は非常に良かった
  • 最終的に完成されたゲームがしっかりとできた。完成度も高かった。

悪かった点

  • 発表でのデモで音が出ないという、声優ハッカソンとして致命的なミスをした。
  • ゲームバランスの調整が間に合わなかった。「今回のゲームのコンセプト的に、ゲームバランスの調整が難しいものは分かったハズなので、もっとゲームバランス調整に時間をかけるようにするべきだった」
  • というか、二日目にみんな疲れ過ぎていた。

おわりに

長くなってしまったので、今日はこの辺りにしようかと思います。企画者のみなさま、お忙しい中参加してくださった声優陣の方々、本当にありがとうこざいした。