ことさら−古都プログラマーの更級日記

京都でお寺を回りながら御朱印集めをしていたエンジニアのブログ。おもに技術的なはなしとか日常的なはなし。たまにカメラの話や競馬の話も書きます。

服と本を捨てる日々(服編)

人生がときめく片付けの魔法を読んで、確かに僕の部屋には物が多いと感じた。新しく本を買うたびにやりくりしている本棚、足りなくなるハンガー。そこで、いらない物を捨てようと思った。ここでは、いろいろと捨てていく過程で、僕が思ったことを書き記す。

友人はミニマリスト?!

昔の僕の友人に、服を2着しか持ってない人がいた。 *1 今思えば彼はミニマリストだったのかもしれないが、彼の部屋は散らかっていたので多分違うだろう。

ズボン

服を2着しか持っていないのは色々な意味で厳しいが、 *2 ズボンなら2着で十分である。同僚に豚汁をこぼされるのが怖いなら3着でよい。(普段履くズボン2着と、予備1着) そこで僕は、新しいズボンを2着買い、古いズボンの中から一番マトモなズボンを予備として残して、残りは全部捨ててしまった。これがミニマリストの始まりなのかと思った。 *3

Tシャツ

こいつは厄介だ。カンファレンスや、プログラミングコンテストのものは捨てづらい。よく考えると、こいつらは「服」ではなく「思い出のもの」ジャンルだ。 *4 結局、この「思い出のもの」Tシャツ以外はほぼ全部捨てた。

あまり着てないはもったいないと感じるが、「今後こんな感じの服は買わないようにしよう。それをこの服は教えてくれたんだ」と思いながら捨てるらしい。そうすることでなんのためらいもなく捨てられた。

その他の上着

その他の上着も、よく考えたら大体の服が「そこまでお気に入りではない」か「着すぎてぼろぼろ」かのどちらかだった。しかし、今はオンシーズンだ。捨てたら着る服がなくなってしまうので少し甘めに残し、夏になったら一気に捨てようと思った。

あと、静電気が起きやすい服は結局着なくなるのでソッコー捨てた。京都と違い東京は信じられないくらいあたたかいので、全然問題無かった。 *5

「本」編

次回に続く(「本」編は真面目な話です)

*1:「彼」が誰のことかわかる読者もいるかもしれない

*2:ジョブズなら問題ないかもしれない

*3:ネタなので「ミニマリスト」という言葉には深くツッコまないでほしい

*4:「人生がときめく片付けの魔法」の言葉を借りている

*5:沖縄の人は東京の冬が寒いと言っていたが、京都と比べると信じられないくらいあったかいんだからぁ〜